僕は今、『お金より時間が大切』という価値観なので、
自分が読んだ本の中で、コンパクトにまとまった物をご紹介します。
「カラ売り」入門―ノウハウと定石
巷に色いろな株関連の書籍がありますが、いきなりこの本から入るのが良いと思います。
この本はチャートの読み方も教えてくれるので、初心者でも読めます。
株は、「安く買って高く売るものだ」と思っている人も多いかと思いますが、そうでは無いことを
教えてくれます。
空売り参考書
3びきのこぶたと学ぶやさしい会計
色いろ出版されている会計の本の中で、この本が一番簡単だと思います。
途中難しい部分もありますが、物語形式なので最後まで何とか読めます。
経営分析は、結局自分では計算せず、Yahoo!ファイナンスなどの情報を参照するので、
この本で概要が分れば良いのではないでしょうか。
会計参考書
マネーの心理学―「儲かる側」の人になる
100%の8万円と85%の10万円。あなたはどちらを選びますか?
この本を読めば、いかに誤った判断を犯しやすいか理解できると思います。
ある投資セミナーで、「ギャンブラーはルーレットで赤が出ると思ったら、10枚のコイン全てを
赤に賭けるが、投資家は赤に6枚、黒に4まい賭ける」という話を聞きました。
投資は謙虚にコツコツ続けるのが良いと思います。亀が兎に勝つ童話もあるので。、
金儲けの話


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO